スター.ウォーズ/フォースの覚醒2015年12月19日

1999年に始まった「新三部作」のときに比べると、今回は興奮度が低いとか、公開が夏じゃないのが期待に反するとか、いろいろ思ってきたけれど、公開が迫ってくるとやはりというか、それなりに嬉しくなってしまう自分がいた。
12月18日、全国一斉公開である。日にちが経つと、内容についてのいろいろな情報が、たとえ目や耳を塞いでいても飛び込んでくることは容易に想像されるので、できるだけ早く映画館に出かけるべきだと思い、本日12月19日、行ってきた。土曜日の13時の回。混み合うことが予想されたので、前日にネット経由でチケットを予約購入した。これまでの6作では考えれれなかったことである。
公開最初の三日間は鑑賞した日付のプリントされた限定パンフレットが販売されていて、売店には長蛇の列が出来ていた。チケット一枚につき、一部のみの販売だという。買ったちゃったよ。
今作からはディズニーの映画になってしまったので、冒頭の20世紀フォックスの派手なファンファーレはなくなってしまった。残念である。

コメント

_ (未記入) ― 2015/12/20 08:06

>冒頭の20世紀フォックスの派手なファンファーレは

ああ,そうなんですね。テレビでしか観ないようなヌルいファンにもその寂しさは窺えます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2015/12/19/7954930/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング