「ビブリア古書堂の事件手帖」「旅猫リポート」「あいあい傘」2018年11月01日

ビブリア古書堂の事件手帖

鎌倉が舞台の作品。昨年「鎌倉ものがたり」の時と同じ感想なのですが、昔、江ノ島観光に行ったことを思い出させるようなロケーションでありました。夏目漱石と太宰治の小説が題材になっています。

夏休みの課題図書として「人間失格」は高校二年で読んだのですがピンと来ず、それでも太宰治は二十才を超えた頃から短編を読みだしてハマり、文庫で出ているほとんどの作品は買ったものです。夏目漱石は「坊ちゃん」と「こころ」「三四郎」だけ読んだかな。主人公の母親が「それから」は松田優作の映画を見たというセリフがありましたが、私も見ましたよ。本は読んでないけどね。

文学(小説)が好きな人なら共感できる部分のある映画なのかな。最後の方は納得できない部分もありましたがね。


旅猫リポート

猫好きな青年が、ある事情を抱え、飼い猫を手放さなくてはならなくなり、新しい飼い主を求めて車で旅をするという話。猫の声が日本語のナレーションで流れてくるので、猫の心がよくわかる。猫の声の出演は高畑充希である。この映画から猫の声を全部カットしてしまったら、どうなっただろうか。全く別の作品になっていただろうが、そのぶん静かになって青年の孤独が浮き彫りになり、より情緒が増してよかったのではなかろうか。


あいあい傘

家族を捨てた父親を探して田舎町を訪れる三十歳になった娘の話。

神社と、石段を降りた麓にあるお茶屋が主な舞台になっている。生き別れになった父親には内縁の妻と娘がいて、それぞれがお茶屋の女将あり神社の巫女である。夫妻を慕ってテキ屋の若い男女がお茶屋を頻繁に訪れている。

過去に家族を捨てた理由はそれなりにあるのだが、当然ながら娘は真相を知るはずもなく、たとえ知ったところで失った二十数年間の時間はどうにもならない。喜劇タッチの演出でことの深刻さが薄められているので、何やら気楽に見ていられる。私は関西生まれなので、悲しみも笑いに変えて表現するような昔の松竹新喜劇を少しだけ思い出しました。


「スマホを落としただけなのに」「オズランド」「走れ!T高バスケット部」2018年11月03日

スマホを落としただけなのに

付き合っている男のスマホから個人情報が流出し、連続殺人犯に追い詰められていくという女性の話。

現実の世界でも、気をつけましょうね。

オズランド

「お仕事」を通じて新入社員が成長していく過程を描いた作品。生まれて育ち居心地も良く家族も恋人もみんないる東京で就職した主人公が、地方へ配属されてしまうという出だしである。その土地に合うかどうかは行ってみないとわからない。

走れ!T高バスケット部

部活を頑張っている高校生の青春ドラマ。強い敵がいて、ラストで激突する。体育系だろうが文化系であろうが、私は部活の話が大好きである。見ていて楽しいではないですか。


「華氏119」「search/サーチ」「ヴェノム」2018年11月07日

華氏119

マイケル.ムーア監督のドキュメンタリー映画は初めて鑑賞した。硬質な印象はなく喜劇を見ているような感覚すらあった。導入部は2016年の大統領選で、最初はクリントン候補が勝つと思われていたのに途中で雲行きが怪しくなってきて国民全体が戸惑っているという様子が映される。

明らかな人種差別、暴言、権力主義、女性蔑視などの発言があり、時代を逆行するような振る舞いで、普通に考えたなら現代ではありえない大統領候補のように思える。だからこそ彼が登場してきたとき、マスコミは嘲笑すらしていたのだろう。だがトランプ氏は当選した。多くの国民が支持したからである。隠れトランプという言葉を聞いたことがありました。声を出して賛同することはないけれど、黙って彼に投票するという人々だそうだ。

search/サーチ

最初から最後までPCの画面だけだという斬新な映画。誰でも知っているようなソフトを使いこなすだけで、おそるべき検索機能を発揮するパソコンとスマートホンは、本当に危険な端末である。この映画は人の情報を捜索するためのノウハウを教えてくれるようなところもあるので、いろんな意味で参考になりますな。基本、SNSはやらないほうがいい事を教えてくれています。この話の場合は逆にこれらのツールがあったからこそ事態が展開したのですが。

ヴェノム

宇宙からやってきた生命体がヴェノムの正体です。地球で生きるためには何かに寄生しなければならないようで、とりつかれるのが主人公の記者エディなのです。普段は人体の中に潜んでいて見えませんが、戦闘状態になるとグロテスクな外観を外に出し、人に襲いかかります。最強です。主演のトム.ハーディは「ダークナイト.ライジング」の悪玉、ベイン役が印象に残っています。同じようなハードな内容を期待していたので、拍子抜けした感は否めない。今度の映画は笑える場面もあり、ノーラン監督のバットマンに比べると柔らかい印象です。


「ジョニー. イングリッシュ/アナログの逆襲」「ういらぶ。」「ボヘミアン.ラプソディ」2018年11月09日

ジョニー.  イングリッシュ/アナログの逆襲

89分のスパイ映画。私好みの尺で、いい。一時間半の娯楽映画は最高のエンターテイメントだ。

携帯電話とカーナビを拒否する英国秘密情報部員ジョニー.イングリッシュの活劇映画である。

クライマックスでは中世の甲冑を身にまとい、剣を振りかざしてスマートホンと戦う。なんて男らしいんだ。

ういらぶ。

見たよ。

ボヘミアン.ラプソディ

クイーンの6作目のアルバムの一曲目が「ウィ.ウィル.ロック.ユー」二曲目が「伝説のチャンピオン」である。この二つの曲はセットで聞くことが定石であると、知人のT氏が言っていた。中古で買ったスターレットのカーステレオでカセットテープを大音響で鳴らしながら真夜中の青梅街道を男三人で走行した思い出があります。

この映画は是非とも音響設備のいい映画館で見てください。


「GODZILLA 星を喰う者」「アイドル」2018年11月12日

GODZILLA 星を喰う者

昨年に続き、ゴジラのアニメである。途中で眠くなった。その理由はとにかくゴジラが動かないからである。

もしかしたら最初から最後まで十歩も歩いていないのではないだろうか。時々口から光線を吐き出すだけである。敵となる「ギドラ」はキングギドラのことなのだろうが、この怪獣も私が期待する羽を持つ三ツ首竜の姿をしていない。天空の穴から蛇のように出てきてゴジラに巻きつくだけである。これも動きが少なくて退屈である。

話の内容も二万年先の人類の物語で、従来の実写版ゴジラとはかけ離れすぎている。私は今後公開されるハリウッド版ゴジラの方に期待する。


アイドル

ある時、友人がAKB48のことを「この世のものとは思えないほど楽しい」と言った。

すでに人生の行く末が見えてきたおっさんが「この世のものとは思えないほど楽しい」と思えるとは、一体全体どういう世界なのだろうか。と、興味を持った。で、今年の初夏から秋にかけて、要するに夏の間、少しばかり追いかけたのがSKE48だった。48グループの中で一番近いのは大阪のNMB48なのだが、最初に劇場公演に当選したのが名古屋のSKEだったのだ。テレビのTBSチャンネルでも何本かのライブを鑑賞させていただきました。

若い女が汗を流して全力で頑張っている姿を見る爽快感は、夏の甲子園で高校野球を見ている感覚に近いのではないのだろうかと、思った。アイドルに何を求めるのかは、人それぞれだろうが、私はそのように感じたわけだ。

この映画は、今年の夏を駆け抜けたアイドルグループのドキュメンタリーです。肉体と精神をすり減らしながら夢を追いかけている人々の群像劇です。


アクセスカウンター

ジオターゲティング