ヒックとドラゴン 聖地への冒険2019年12月20日

海賊の少年とドラゴンの友情物語。これが三作目ということらしいですが、私は前の二本は見ていません。少年は海賊たちのリーダーです。父親から引き継いだ一族の住む島を大事に守り続けています。ですが、増えすぎたドラゴンと人々が共存するためには島は狭すぎるようになります。
亡くなった父親が言っていた聖地を目指す旅が始まるのです。
少年の相棒になるドラゴンの造形は山椒魚にコウモリの羽が生えたみたいな感じで、私のような東洋人の感覚からすれば違和感がありますが、これは欧米の海賊の話ですからね。
私はあえて主人公を「少年」と書きましたが実際は「青年」に近いと思います。恋人との結婚を意識した内容になっていますし、ドラゴンにもパートナーとなりうる存在が登場するのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2019/12/20/9194521/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング