初恋2020年03月02日

医者から余命宣告されてしまったボクサーがヤク中の売春婦と偶然に出会う。
舞台は新宿歌舞伎町。半端なヤクザが不良警官とつるんで組織からヤクをピンパネして一儲けしようとしたが、計画が狂って仲間を殺してしまう。そのことが導火線となってヤクザと中国マフィアの抗争に発展していく。薬を持ってトンズラしたと思われたのが、先の売春婦だったのだ。
どうせ死ぬんだからとヤケクソな気分になっているところに「たすけて」と叫びながら走って来る若い女と追う中年男。反射的に男をぶっ飛ばしてしまったのが、先のボクサーである。
偶然であった男女の逃走劇を想像していたのですが、ヤクザと警官と中国マフィアも絡んだ群像劇のようになっていて、多くの人間が入り乱れ、銃弾が飛び刀が振り回され、死体の山が築かれる。
基本的に、たった一晩の物語ですが、アクションだけでなく喜劇的な要素もあり中身の濃い映画でした。ラストが無駄に長いという考え方もあるように思いますが、この作品が恋愛映画であるためには必要だったということでしょう。何と言っても題名が「初恋」なのですから。

仮面病棟2020年03月07日

築年数が経過した元精神科の病院。現在は体の不自由な高齢者や身寄りのない人々が入院し、ほとんどが寝たきりの生活をしている。主人公は一日限りの当直を頼まれた若い医師である。
何事もなく終わるはずだった夜は、拳銃を持った仮面の男が乗り込んできたことで一変するのだ。閉じ込められた院内を探索してゆく過程で、院長や看護婦が怪しげな行動をするようになる。鎖で施錠された「使われていない手術室」とかホラーゲームに出てくる謎の病院みたいで、映画的でもあり見ていて何やら楽しい。話が進むに連れて隠し部屋が登場し、ここがまともな病院でないことが判明する。仮面の男の目的はなんなのか院長は何を隠そうとしているのか。
謎解きをしようとする若い医師に「ひとりにしないでください」とついてくるのが怪我をして事件に巻き込まれた女子大生。二人で行動している姿は「バイオハザード4」のレオンとアシュリーみたいである。映画はやっぱり娯楽ですね。楽しめました。

地獄の黙示録(ファイナルカット)2020年03月10日

この映画のファンなので、公開されれば観てしまう私である。まるで「ブレードランナー」のごとく次の新しいバージョンが出てきますな。
148分のオリジナルを鑑賞したのが二年前だった。その後遅ればせながら原案となったコンラッドの「闇の奥」(中野好夫訳 岩波文庫)を読んだのです。有名な小説だからご存知の方も多いと思いますが、百年以上前のアフリカが舞台の作品で、奥地から大量の象牙を送ってくるという代理人の噂を聞いたマーロウという船乗りが、クルツ(Kurtz)という名のその男に会うために蒸気船に乗ってコンゴ川を遡上していく話である。西欧人にとってはまだ未開の地であったアフリカの奥地に深く潜入していく感覚。矢が降り出し槍が飛んでくる描写とか、クルツの崇拝者とか、生首とか、映画には他にも驚くほどに原作に忠実な場面があり、あぁそうだったのか、と。
実際にジャングルを焼き払い、牛を殺しているこの作品、現代ではもう撮影できないだろう。私たちが簡単にクジラを食えなくなったのと同じである。
今日、鑑賞したのは182分でした。思ったのは、初公開時の作品が渾身の編集だったのでは、ということでした。追加された場面の大半はフランス人の営むゴム農園のシークエンスです。約25分あります。尺としてはキルゴア中佐のエピソードに匹敵する重要な話のはずでしたが、バッサリと切られていたのです。

ミッドサマー2020年03月16日

山本彩がインスタグラムのライブでこの映画のことに触れていた。彼女はホラーが好きらしい。ヒットしているという噂は聞いていたけれど、イマドキの若い女性の間でも認知されている作品だったのだ。だからというわけではありませんが、行ってきました。
鑑賞後、思い出したのが「ウィッカーマン」(私が観たのは評判の悪かったリメイク版だが)
冒頭、主役の女の子が家族を失うエピソードがありますが、この話はほぼ儀式に始まり儀式に終わると言っても過言ではないでしょう。舞台となっているのは北欧、スウェーデン。私がスティーグ.ラーソンの「ミレニアム.シリーズ」で初めて知ったと言ってもいい国であります。
夏至前後に起こる白夜、陽の沈まない北極圏の美しい村。花が咲き、白く清潔な民族衣装を着た若い女性たちが音楽に合わせて舞い踊る。綺麗で美味しそうな食事、そしてハーブティー。血の描写にも生理を思わせるような部分がありまして、これは女性の方が入りやすい映画なのかもしれません(想像に過ぎませんが)。
二時間二十七分、長尺ですが、退屈しません。「ディレクターズカット版」が追加公開され、こちらは二時間五十分らしいです。

釣り2020年03月24日

水温 11.4~12.0
風強し。昨年の十月以来の釣行。水位は上昇しており、川筋の上流では行ったことのない奥にまで辿ることができた。浅瀬では盛んに魚のボイルがあるが、あれは鯉かヘラであろう。
桜が開花していて、まだ蕾だけの木が多い中、三分咲きの木が二、三本あった。
アクセスカウンター

ジオターゲティング