男はつらいよ 柴又慕情(4Kデジタル修復版)2020年06月16日

寅さん三本目。今頃この映画にハマった私である。
冒頭の富士山(松竹映画のマーク)、本編前のおまけエピソード、タイトルと主題歌、本部施設(とらや)でメインキャストとの面会、任務地(日本全国)への赴任、寅さんガール(マドンナ)との出会い、再び葛飾柴又に戻って話が展開し、失恋をしてまた旅に出る、というパターン。
これは間違いなく日本の007ジェームズ.ボンド映画なのだ。リアルタイムでやっていた時には、わたしゃこの映画の魅力が全然わからなくて、いっぺんも見たことがなかったのである。
今回は金沢で出会った若い女性たち三人組と意気投合した寅さんがその中の一人、歌子(吉永小百合)に恋をするという話だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/06/16/9258358/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング