男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (4Kデジタル修復版)2020年06月21日

寅さん五本目。「ねぇこの紫色の花、なんていうの?」「たんぽぽだよ!」
冒頭、息子にピアノを習わせたいというさくらの思いを勘違いした寅さんは玩具のピアノを買ってくる。そのことでとらやの家族と大喧嘩になってしまった寅さんは北海道へと旅立つのであった。
旅の途中、網走への夜汽車の中で一人涙ぐんでいる女の姿を見かけたのち、網走の町で古レコードを売っていると、声をかけてきたのが、その女(リリー)だった。旅回りのテキ屋と歌手、なにやら境遇が似ている二人は意気投合するのだ。地道な仕事に就こうと決心した寅さんは開拓部落の牧場で酪農を営む家族の元で働こうとするのだが、わずか三日で熱を出してぶっ倒れてしまう。四時起きの重労働に耐えられなかったのだった。
先に見た光本幸子や吉永小百合とはかけ離れたイメージの浅丘ルリ子がマドンナ役ですが、最も出演作が多いのが彼女なので、寅さんとは一番相性が良かったんでしょうね。
この作品のラストでは寿司屋の大将と結婚して幸せになります。おかみさんとして新しい店を旦那と二人で切り盛りしているのです。その頃、寅さんは北海道で酪農一家を訪ね、また仕事を手伝おうとしています。

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(4Kデジタル修復版)2020年06月21日

寅さん六本目。前半で寅さんと旅をしている中年男が面白かった。青森で知り合って一緒に青函連絡船に乗って函館に渡る。身なりも性格も良さそうだが哀愁感を漂わせ、誰がどう見ても仕事と家族をほっぽり出して現実逃避の旅をしているのがわかってしまう。夜更けに二人で屋台のラーメンを食べていると、隣に座ってきたのが「忘れな草」のリリーなのだった。二年ぶりの再会である。
その後三人で小樽、札幌と北海道で旅を続ける姿は楽しい。が、小樽港での離婚をめぐっての寅さんの一言はリリーを怒らせてしまい、そこで三人の旅は幕。
中年男(兵頭)は家庭に戻り寅さんは柴又に帰る。とらやの土間で言ってしまった言葉への懺悔を口にしながら寅さんはリリーがまた訪ねてこねぇだろうかと肩を落として後悔している。
雨降りの夜、番傘をさしながら柴又の駅前でリリーの帰りを待っている寅さんの後ろ姿とその後の相合い傘は名場面(有名だそうです)だった。
「きれいな女人」御前様の口上が傑作である意味一番笑えたかもしれない。
アクセスカウンター

ジオターゲティング