男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(4Kデジタル修復版)2020年07月12日

寅さん九本目。二枚目(現代用語ではイケメンという)だった頃の沢田研二がゲスト出演である。「知床慕情」の三船敏郎みたいな感じの立ち位置で、大分の湯平温泉で寅さんと出会うのだ。彼は死んだ母親の遺骨を持って、母親が昔勤めていた温泉宿に逗留し、宿の主人に母を覚えていませんでしょうかと尋ねるのだ。約三十年前のことなのだが、主人は沢田の顔を見て、彼の母親の名前を思い出す。皆から慕われた仲居さんだったのである。話を聞いた寅さんは宿の主人とともに沢田の母の法事を営む手伝いをするのだった。法事には地元の多くの人が集まってくる。その時、偶然に東京から来て同じ宿に泊まっていた若い女の二人ずれが行きずりの縁で参列するのであった。
沢田(役名三郎)は、そのうちの一人螢子に惚れてしまう。
マドンナ(螢子)の田中裕子が非常に色っぽく、これまでに見たシリーズ中で最高にいい女かもしれない。寅さんは三郎と螢子の仲をとりもつ役になるのだが、最後の方で本音が出て、さくらにだけは呟いてしまう。
ラストはまた九州。別府の温泉町から公衆電話でとらやに電話する寅さん。偶然に店を手伝っていた螢子が電話口に出る。「寅さんにもっと話を聞いて欲しかった」と泣く螢子にうまく言葉をかけられない寅さん、硬貨がなくなって電話は切れる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/07/12/9267875/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング