男はつらいよ 葛飾立志篇(4Kデジタル修復版)2020年08月01日

寅さん十三本目。第十六作、昭和五十年の公開。
冒頭、寅さんのことを実の父親ではないかと柴又までやってくる山形の女子高生。現役アイドル絶頂期の桜田淳子(役名は順子)です。先日に見た「かもめ歌」の伊藤蘭が霞んで消えるほどに可愛く可憐で愛らしい。彼女の母親おゆきさんに昔世話になり恩義を感じた寅さんが毎年手紙とお金を送っていたのだ。そのことで「もしや」と思って修学旅行のついでにとらやに立ち寄ったのだった。このとき、とらやの面々は順子からおゆきさんが去年死んだことを聞く。
後日、山形を訪れた寅さんはおゆきさんの墓参りをするのだ。墓前で地元の和尚からおゆきさんの生前の言葉を聞き、いろいろ辛い思いをし、学がなかったことを後悔していたと知らされる。
後半は「己を知る」こと、学ぶことに目覚め、柴又に帰った寅さんが、大学で考古学の助手をしている礼子さんと知り合い、惚れてしまうという展開です。礼子さんの師匠が田所博士(日本沈没の小林桂樹が同名で演じています)で、今回は寅さんよりも十才年上の博士が恋敵という設定になっています。
独身だという博士の話を聞いて、その身なりから身寄りがなく道路工事の現場で働いている気の毒な人だと勘違いをする寅さん。煙草を吸いながら団子を食べ煙を吐きながらお茶を飲む田所博士。
ラストシーンの富士山がいい。

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(4Kデジタル修復版)2020年08月01日

寅さん十四本目。第十七作、昭和五十一年の公開。
夕焼け小焼けの赤とんぼ負われて見たのはいつの日か
黒っぽい屋根の町屋が並んだ龍野の風景が美しい。「赤とんぼ」を作詞した作家は龍野の出身で劇中、市長の部屋に大きく歌詞が掲げられている。タイトルはここからきているようです。
上野の飲み屋で出会った日本画の大家と龍野の橋の上で再会し、同行を決め込み、市長一行の接待を受ける寅さん。昼は市内観光、夜は宿の座敷で芸者と遊ぶ。龍野には別の目的があって接待が煩わしい画家と、それを身代わりとなって引き受ける寅さん、流れ者の寅さんとウマが合う芸者のぼたん。三者三様で播州の朝昼晩が過ぎてゆく。
柴又に戻った寅さんは事あるごとに「しかし龍野じゃなあ」と自慢話を繰り返し、周りの人をうんざりさせる。そんな時芸者のぼたんがとらやを訪ねてくる。彼女にはどうしても東京まで来なければならない理由があったのだ。
飲み屋で登場した折には小汚いジジイにしか見えない画家の宇野重吉さんが傑作で、転がり込んだとらやを旅館と勘違いしたのか、おばちゃんに「風呂」とか「梅干しにお茶」とか、次々に指図する場面は笑えた。仏頂面で返しながらも「寅の客人だから」と受け入れてしまうとらやの人たちの善人ぶりもいい。揉め事を抱えて上京してきたぼたんのことを本気で心配して味方につくタコ社長、あんたは頼りになる。
シリーズ中の傑作の一つだそうです。私もそう思います。

パブリック 図書館の奇跡2020年08月06日

邦題がわかりにくかった。映画を見たらわかるけど、パブリック(public)は「公共」という意味だった。パブリック図書館は公共図書館(市民図書館)のことなのだ。
凍死者が出るほどの寒波が来て、行き場を失った路上生活者たちが市立図書館を占拠するという話である。動機は市の緊急避難所が満杯で入れないという切実なものだった。
野心家の検察官に立てこもりの主犯のように仕立て上げられてしまった図書館職員のスチュアートさん、自宅が警察の家宅捜査を受け、前科がある元路上生活者であることが判明、マスコミも絡んで来てややこしい立場になってしまう。
理由はともかく公共施設での立てこもりが犯罪であることに変わりはなく、やがて図書館は機動隊に取り囲まれてしまう。どう転んでも待っている結末は全員逮捕なのだが。スチュアートさんと他の皆さんがどのような決断をするのかが見所になっています。
映画の中に登場する図書館は素晴らしい施設で、普段私が利用している近所の図書館に比べてもはるかに近代的で立派な建物だった。真冬に暖房が効いて暖かいしパソコンの利用もできる。トイレは言うまでもなく、どこもかしこも清潔だ。ここは誰にも利用する権利がある。だから職員たちも利用時間内であればどんな人が来ようとも拒まないのである。伸び放題の頭髪や髭、服装がみすぼらしいのは仕方がないとして「体臭」に関しては難しい問題ですね。劇中、図書館の皆さんも対応に苦慮しておられました。
制作、監督、脚本、主演のエミリオ.エステベス。コッポラ監督の「アウトサイダー」に出ていたそうです。何の役だったのだろう。スタインベックの「怒りの葡萄」は気になった。夏休みの読書用に今度図書館で借りてみようか。

男はつらいよ 寅次郎純情詩集(4Kデジタル修復版)2020年08月09日

寅さん十五本目。第十八作、昭和五十一年の公開。
前半部の寅さんはなかなかのロクデナシぶりで渡世人の本領発揮というところであった。
満男の家庭訪問に来た若くて綺麗な担任の雅子先生に一目惚れをして博とさくらを差し置いて出しゃばってしまい場をぶっ壊す。激怒したとらやの面々に夕飯の席で拒絶され、捨て台詞を残して旅に出てしまう。旅先の別所温泉では馴染みの旅芸人一座に大盤振る舞いをして無銭飲食で警察に捕まってしまう。少しも悪びれるところはなく、当たり前のようにさくらを長野県にまで迎えに来させ、当たり前のように金を使わせる。釈放されたあと、寅さんを置いて駅の改札口を一人さっさと行ってしまうさくら、あんなに怒っている姿は珍しい。
柴又に帰ったところで出会うのが雅子先生の母親の綾さん。女学生時代からとらやで団子を買っていたというお得意さんで、少年時代の寅さんも覚えていた。入院していた病院を三年ぶりに出て、帝釈天近くのお屋敷に帰って来たという。昼間は一人ぼっちで寂しいから遊びにいらしてねと言われ、弟分の源公と一緒に綾さんのところに通い詰めるようになる寅さん。
ある夜、とらやに帰った寅さんがお屋敷での夕食を語る名調子が相変わらずさえていて、聞き惚れてしまった。食前の祈り、壁に花、向かい側には「最後の晩酌(正確には晩餐)」の絵、豪華な食器のそこにちょこっと盛られたご飯。それを上品に食べる綾お嬢様。器の淵に当たった象牙の箸からチリーンチリーンと音がする。一回見て来ただけだからうまく表現できないけれど「寅のアリア」とも言われるらしい渥美清さんの独演は名人芸だと思います。
今作に関しては前半部で寅さんに嫌悪感を抱いてしまう人もいるかもしれないが、マドンナの余命のことを知らないまま、彼女の体調を心配して気遣う姿は本気なだけにその人柄を見直してしまう。「人はなぜ死ぬの」という深刻な問いに「増えすぎた人に押されて陸から海にボチャンと落ちるから」と答える寅さん、なにやら気持ちが楽になるようで不思議である。

日本の風景はとてもいい。このところ洋画を見るとああ日本に帰りたいと思ってしまう。本格的に寅さん中毒だなこりゃ。

2020年08月13日

八月恒例の墓参り。母方の祖母の墓は八幡宮の裏山にある。そこは山の中腹で、現代風に整備された墓地ではない。昔ながらの、多くの墓は昭和から昭和終わりにかけて埋葬された人々のものである。階段も何もない、ただの山道である。黒澤明の「羅生門」みたいに藪の中をくぐって行き着いた先にある。高齢になった私の親はここまで上がることができない。
祖父と祖母が眠っている墓。枯れてしまった古い仏花を取り除き、新しいものを供えて水を入れ替えた。線香とロウソクに火を灯し、手を合わせて祈った。
アクセスカウンター

ジオターゲティング