男はつらいよ 葛飾立志篇(4Kデジタル修復版)2020年08月01日

寅さん十三本目。第十六作、昭和五十年の公開。
冒頭、寅さんのことを実の父親ではないかと柴又までやってくる山形の女子高生。現役アイドル絶頂期の桜田淳子(役名は順子)です。先日に見た「かもめ歌」の伊藤蘭が霞んで消えるほどに可愛く可憐で愛らしい。彼女の母親おゆきさんに昔世話になり恩義を感じた寅さんが毎年手紙とお金を送っていたのだ。そのことで「もしや」と思って修学旅行のついでにとらやに立ち寄ったのだった。このとき、とらやの面々は順子からおゆきさんが去年死んだことを聞く。
後日、山形を訪れた寅さんはおゆきさんの墓参りをするのだ。墓前で地元の和尚からおゆきさんの生前の言葉を聞き、いろいろ辛い思いをし、学がなかったことを後悔していたと知らされる。
後半は「己を知る」こと、学ぶことに目覚め、柴又に帰った寅さんが、大学で考古学の助手をしている礼子さんと知り合い、惚れてしまうという展開です。礼子さんの師匠が田所博士(日本沈没の小林桂樹が同名で演じています)で、今回は寅さんよりも十才年上の博士が恋敵という設定になっています。
独身だという博士の話を聞いて、その身なりから身寄りがなく道路工事の現場で働いている気の毒な人だと勘違いをする寅さん。煙草を吸いながら団子を食べ煙を吐きながらお茶を飲む田所博士。
ラストシーンの富士山がいい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/08/01/9274481/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング