男はつらいよ 旅と女と寅次郎(4Kデジタル修復版)2020年09月23日

寅さん二十五本目。第三十一作、昭和五十八年の公開。
マドンナが都はるみ(役名は京はるみ)。役名を含めてほとんど本人が実際の姿のままそのまんまで出演しています。歌手がマドンナというのは前にも木ノ実ナナの回がありましたが、今回は演歌歌手です。新潟の出雲崎で出会い、漁船に便乗して佐渡島に渡る寅さんとはるみさん。
最初、寅さんははるみさんの正体には気がついておらず「ワケありの女」としか認識していない。同じ民宿に泊まって、女将の婆さんの手料理を食いながら酒を酌み交わす。婆さんははるみが有名な歌手であることに気がついていて、彼女が床についた後、一人で飲んでいる寅さんにサインを貰ってくれないかと頼むのであった。寅さんはそのまま知らないふりをして翌朝からもはるみさんと佐渡島の旅を続けるのでありましたが、間も無く追いかけて来たプロダクションの社長一行に見つけられてしまいます。別れの場で寅さんははるみさんの名前を口走ってしまい、その素性を悟っていたことがバレてしまうのだった。
劇中、はるみがコブシをきかせた節まわりで歌を口ずさむ場面がなんどもあり、演歌好きを喜ばせる内容になっております。クライマックスではとらやで観客を集めて「アンコ椿は恋の花」を歌唱するというサービスもあるのです。
演歌と人情劇なのですが同年代の洋画でロックンロールの寓話「ストリート.オブ.ファイヤー」みたいな渇いた高揚感があると感じるのは私だけでしょうかね。ラストのトム.コーディは寅さんそのまんまである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/09/23/9299540/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング