男はつらいよ 寅次郎の青春(4Kデジタル修復版)2020年11月15日

寅さん三十八本目。第四十五作、平成四年の公開。
寅さんと満男W主演の四本目、及川泉(後藤久美子)も連続出演四本目。
宮崎の鬼の洗濯板で始まり、画面は由津の運河のそばに移動する。所持金がなくピーピーの寅さんが床屋の蝶子さん(風吹ジュン)に食堂で声をかける。きっかけは些細なことなのですが、散髪してもらったのち雨が降り出し、束の間の雨宿りのつもりが、そのまま蝶子さんと弟の竜介(永瀬正敏)の住む住居兼店舗に長居することになってしまう。
同じ頃、母親を名古屋に残して東京のレコード店に就職した及川泉ちゃん。一人暮らしを始めた彼女は満男に頻繁に会い、休日には江戸川沿いにある諏訪家を訪問するようにもなっていた。有給休暇を利用して友人の結婚式に出席するために宮崎にまでやって来た泉ちゃん、観光地、飫肥城の石段で寅さんと出会う。思わず声をかける泉であったが寅さんの後ろから蝶子さんがやって来たのに気がつくと立ち止まって「お邪魔かしら」と引き返そうとします。追いかけようとした寅さんは階段で転び「痛い痛い」と大騒ぎ。救急車を呼び出すような事態になるのだった。
病院からくるまやに電話を入れる泉ちゃんだったが、怪我の様子がわからないくるまやの人々は気をもむのだった。伯父の心配よりも泉に会いたい一心で満男が代表して宮崎まで飛ぶことになる。
待ち合わせのバス停に現れたのは竜介運転の車で迎えに来た泉。運転席と助手席で親しそうに話す二人を後部席で眺める満男は嫉妬するのだが、竜介には別にちゃんと婚約者がいるのだ。
その日は地元(由津)のお祭りだということもあり、満男と泉は泊まって見物して行くことにする。翌朝、浜辺で戯れる満男と泉の姿を眺めながら土手に佇む寅さんと蝶子さんは実にいい雰囲気である。ところが若い二人と一緒に柴又に帰るとお暇を告げる寅さんの意外な言葉に蝶子さんは思わず怒り出すのだった。例によってマドンナが好意を持って寄ってくると逃げ出す性を発揮する男なのだ。寅さんの恋物語はここで終了、三人は帰る。
松葉杖をつきながらくるまやに戻って来た寅さん、心配して集まってくれた商店街の人たちに真面目に挨拶する。軽口ばかり叩いている姿を見慣れている地元の人々には珍しい光景だったに違いない。
ここから泉の母親、礼子さんが登場します。観客の私たちは唐突に何事かと思うのですが、どうやら礼子さんは心臓病を患っているらしいことがわかって来ます。手術しなければいけないのですが、頼れる相手が泉しかいない礼子さん、付き添って欲しいと電話をかけてくるのです。仕事があるから帰れないと謝る泉ちゃんに向かって怒り出す礼子さん。恵まれている満男とは対照的な家庭環境が改めて見えて来ます。泉は結局、仕事を辞めて名古屋に帰るという選択をします。母親のことをほっておけないのです。「寅次郎の青春」とありますが、これは満男の青春の話だったのです。東京駅の新幹線ホームで別れる二人。ここで四年も続いた及川泉との恋物語は一旦終了する。
ラスト近く、くるまやを旅立つ寅さん、その背中を見ながら、さくらに向かって見送りに行かないのかと尋ねる博さんに「満男が話したそうだから」と答える優しい母親、さくら。柴又駅の改札で満男に励ましの声をかけて京成電車に乗って去っていく寅さん、電車を見送る満男の姿。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/11/15/9318632/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング