犬神家のシャレード2012年09月19日

「シャレード」
ケーリー.グラント/オードリー.ヘップバーン主演のサスペンス(1963年製作)スタンリー.ドーネン監督作品。
50年代から60年代にかけての古きよき時代のアメリカ映画。後にリメイクもされたという人気作品だという。実は見たのは初めてだ。
開始早々驚いた。タイトルバックに流れるテーマ音楽が「犬神家の一族」の愛のバラードと、同じだからだ。音楽にはイメージというものがついてまわるものである。
パリが舞台のヘップバーンのロマンチックサスペンス映画を見ているはずなのに、曲が流れるたびに脳裏には「仮面の佐清」やら「湖面の逆さ立ち」やら「着物姿の金田一」などの風景が走馬灯のように駆け巡り、1960年代のフランスと昭和20年代の日本が入り乱れて、雰囲気が台無しであった。
製作年度を考えるのなら「犬神家」のほうが10年以上後発なので、金田一探偵がマネをしたということになるのだろうが…。強烈なインパクトがあったからなぁ。

コメント

_ (未記入) ― 2012/10/03 13:41

(^_^;)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2012/09/19/6578799/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング