釣り2019年04月02日

天気予報によると午前7時の天候は晴れ、気温は2度。その後上昇し午後3時の時点で9度、同時に雨が降る。
日本各地で桜が開花し、季節は春ではあるが、山間部では体感温度が低いことが予想される。
セーター二枚重ねの上にジャージを着込んでその上からダウンジャケットを重ねた。昨年の十月以来、約半年ぶりの釣りである。5時半起きで6時の出発、スタンドでガソリン2000円給油して、カーステでSKE48のCD聴きながら高速道路に乗り込んだ。
湖に到着し、レンタルボートに船外機を装着し、道具を積み込んで、出発する頃には9時近くになっていた。
雲は少なく青空が広がっていて、本当に雨が降るのだろうか、という天候で、雨具の準備は必要なかっただろうかと思った。ただ、風が強く、湖面が波立っており、風の当たらない場所に移動しないとボートが流されるような状況だった。寒い。気温は正午近くなったところで8度ほどだった。そしてだんだんと雲が増えてきて日差しが遮られるようになり、体感温度がますます低くなっていった。雨が降る前にと思って、ワンドの奥に入ってクーラーボックスの中からセブンイレブンで買ってきたざる蕎麦を取り出した。包装のビニールを破って添付された水を麺にかけてほぐし、樹脂製の小鉢の中に汁を入れ青ネギを入れて海苔を浮かし、縁に特製ワサビを塗りつけた。割り箸をパチーンと割って、麺を出汁に浸して食べた。気温が暖かければもっと旨かっただろう。
天気予報は当たり、午後2時すぎには小雨模様になり、3時の時点で雨具が必要になりそうな状況になってしまった。風もあり寒かったので、今日はここまで。桟橋に戻って道具を片付け、休憩所のベンチに座って自動販売機で買ってきた熱いペットボトルのお茶を飲んだ。桜がほぼ満開だった。

ランチ2019年03月24日

帰省した。駅前のトヨタレンタカーでヴィッツを借りて、家に帰る。それから実家の家族を乗せて、私が通った高校のある町にゆく。目的地はソムリエの資格を持つ店主がやっているフランス料理の店である(家族のリクエスト)。車だし、昼時なので、ランチメニューをいただくことにする。ワインはなしである。
前菜のサラダ、汁物はポタージュ、パンが一切れ(お代わり自由)、メインディッシュ(魚か肉)、コーヒー(または紅茶)のコースだ。完全に女向けのお食事であり、男の私にはボリューム的に物足りない。
白く巨大な皿の真ん中に、絵画のような美しい盛り付けで、肉と野菜とソースが乗っかっている。
前にも書いたことがありますが、料理を写真に写すと旨味をカメラに吸い取られるという迷信を私は信じている。
だから、私はメシを食うときにあまり写真を撮らないことにしている。
店は店主が一人でやっていて、給仕も誰もいないから、満員の店内では仕事がありすぎて、注文してから料理が提供されるまでに、かなりの時間がかかった。個人の経営する食堂は辛い。料理は美味かった。
その後、海岸沿いの道を車で流した。子供の頃、夏休みを過ごした入り江の風景。今は寂れて夏になってもほとんど客がいないが、商店はまだ残っている。

千日前2018年12月05日

また午後五時である。道頓堀には適当なうどん屋がないので千日前まで歩いてきた。ここでは昔から地元で商売している名物うどん屋がある。しかも安い。しかし残念ながら同じ値段ならば丸亀製麺の方が美味い。
季節限定メニューの牡蠣づくし玉子あんかけ、実物はCMの牡蠣よりもだいぶ小さくて、誇大広告なのではなかろうかと思うが、あたたくて美味いのは間違っていない。チェーン店だが、地元の古い店よりも美味い。
なので私は丸亀に行く。でも時々は古い付き合いなので地元の店にも行こうと思っています。

道頓堀2018年12月04日

陽が落ちてあたりは暗くなったが、時間はまだ午後五時である。晩飯にはまだ早い。それでも腹が減った。何か軽く食べたい。ここは道頓堀、食いもん屋だらけの通りではある。しかし今、食いたいものが何もない。
カニも河豚も肉も食べたくない。ラーメン屋はあるが、蕎麦屋とうどん屋がない。たこ焼きお好み、寿司屋はあるが、普通の食堂がない。飲み屋はあるが、酒は飲みたくない。たいして美味くなくてもいいから安く食える店が希望だ。空腹を満たしてくれるだけでいい。なんとか見つけたのがすき家だった。牛丼ならばいけるだろう。
四百八十円のねぎ玉牛丼並盛を注文した。生卵を割って白身を除き、黄身だけを丼の中に落とし、ピンクの生姜を盛り付けて勢いよく食べた。
この辺り、外国人相手の観光地と化している。

午後の間食2018年04月30日

やかんに水を入れてコンロにかけた。コックをひねって火をつける。セブンイレブンで買ってきたのはカップヌードルBIG(二百十六円)である。カップの底に付いているフタ止めシールを剥がしてちゃぶ台の隅に貼り付け、包装のビニールを破って、フタを半分までめくり卓の上に置き、湯の沸くのを待つ。
間も無くやかんが音を立てて湯が沸騰したのを知らせてきた。カップの中に熱湯を注ぎ、フタを閉めてフタ止めシールを貼り付けて固定した。
時間は五時二十七分十秒。三分待って、五時三十分十秒、フタを全部めくって、七味唐辛子をふりかけ、割り箸をパチーンと割って、中身の具と麺をかき混ぜた。カップから湯気が漂い、うまそうな匂いがした。
熱い麺をフーフーしながら食べた。カップ麺はインスタント麺に比べ、具が豊富なのが美徳である。具と麺を全て食した後、残ったスープの最後の一滴まで美味しく飲み干した。うっすらと汗ばむのであった。
最後は冷蔵庫から冷えたミネラルウォーターの2リットルペットボトルを出してきて、コップに注ぎゆっくりと飲んだ。体温が下がるような感覚がして、いい気持ちであった。
アクセスカウンター

ジオターゲティング