おはらい町おかげ横丁2021年01月09日

午後四時少し前、祈祷が終わり宇治橋を渡って鳥居を潜り内宮の外にでた。腹が減った。おはらい町で何か食べよう。そこは江戸から明治にかけての町並みが再現された通りの通称で、五十鈴川にそって黒っぽい木造の建物が立ち並んでいる。驚いたことに午後四時で閉店する店がある。大半が神宮からの観光客だろうから、仕舞うのも早いのだ。これは急いだほうがいいのかもしれない。店を探そう。私が気になったのは伊勢うどんと松坂牛の店だった。三大和牛と言われている松坂牛は是非とも食べてみたいけれど、値段が高いからパス。ここはうどんかなと思いながら何件かをやり過ごしていくうち、おかげ横丁と呼ばれる一角にたどり着いた。おはらい町の通りにある横丁に土産物や料理屋が集まっている。気になったのがとんかつの店「もくとん」目を引いたのはとんかつではなく、豚かば丼なるメニューである。吉野家の豚丼はよく食うが、ここのヤツは肉が茶色で丼からはみ出すほどに盛ってあり、真ん中にネギが置いてある。キャベツと味噌汁が付いて千円。吉野家の約三倍の値段である。これに決めた。中に入ると、お姐ちゃんにお好きな席にどうぞと言われた。テーブルとカウンターがあり私はカウンター席に座った。店内は空いていてカウンター席には私一人だった。調理に時間がかかるのだろう、注文してから豚かば丼が提供されるまで随分待たされた。その間に前菜のキャベツを一皿全部食べてしまった。おかわりは自由だというので、丼と味噌汁が来た時にもう一皿おかわりをした。料理も待つだけのことはあった。お好みで山椒をかけてもいいそうだ。うまかった。食べ終えて通りに出ると午後五時になった。あたりは薄暗い。そしてほとんどの店が閉店時間を迎えていた。人通りは減って道の中に自動車が入ってくるようになる。思った以上に日暮れが早く、帰りのバスに乗る頃にはすっかり暗くなってしまった。仕方がないので月読宮への参拝はあきらめた。特急電車に乗るには五十鈴川駅よりも隣の宇治山田駅の方が便利だと運転手がいうので、そうした。

ガストのモーニング2020年09月02日

私は普段ファミレスを利用しないのだが、去年のこと、保険屋と契約の話をしたのをきっかけに何年かぶりにガストに行った。入り口で、黒い服を着た女の店員に十時半まではモーニングの時間ですよと案内された。真夏なのに黒ずくめの上下に黒いエプロンしかも下は長ズボンである。葬式みたいな服だと思ったのだが、前みたいな明るい色のスカートにエプロン姿は流行らないのだろう。
紹介されたモーニングセットには洋食と和食があり値段も手頃で、飲み物とスープはセルフ方式でおかわり自由だった。テーブルも広く、駅前のファーストフードや、喫茶店よりも快適だった。そのことを覚えていたので、今朝、車を運転して近所のガストに行った。先日図書館で借りた「怒りの葡萄(上)」の返却日、今日中に読みきらなくてはならない。あと五十頁ほど残っている。家で読むよりもファミレスの方が集中できそうな気がしたのだ。朝の店内には年配の客が多い。「お好きな席に」と言われたので、道路側にある窓際のテーブルに行き、座った。スクランブルエッグにフランスパンのセットを注文し、冷たい烏龍茶を飲んだ。

画像は文と関係ありません。

チキン南蛮弁当2020年05月10日

近所におしゃれなダイニングバーがある。おしゃれなオーナーがおしゃれな惣菜を作っておしゃれな酒を出しおしゃれな従業員がおしゃれなテーブルに運んでおしゃれな椅子に座ったおしゃれな客たちがおしゃれに飲んで食らう、そんなおしゃれな店である。しかも旨い(らしい)。
私のようなしがないおっさんが通りがかりに見ていても店づくりから何からとことんこだわって営業しているのが伝わってくるようなとんがった店である。
コロナウイルス緊急事態のあおりを受けて自主閉店しておられるのだが、土日限定でテイクアウトの弁当を売り出すというレアなイベントを企画しているという。毎日通勤で朝夕に前を通るので、従業員の皆さんが準備しているのがわかってしまうわけだ。
私には普段ならば絶対に行けないような雰囲気の場所なのだが、昼時の持ち帰り弁当ならば、一人で買いに行っても違和感が少なそうである。人気があって午前十一時の売りだし後、三十分でなくなるそうである。今日、午前に行ってきました。買えました、チキン南蛮弁当(600円)。
刻んだゆで卵を練りこんだタルタルソースに檸檬を添えた本場宮崎の鳥。円筒形ではない平たいマカロニとマヨネーズと青豆と薄切りの生ハムのアンサンブル。もやしと人参のナムル。
飯は冷えて硬かったけどレンジで温めたから問題なかったよ。うまかったぜ。
俺はお宅に飲みに行けるようなおしゃれな人間ではないから、昼の弁当、またやってくれ。

緊急事態宣言2020年05月06日

連休明けの五月六日までだった緊急事態の期限が五月三十一日まで延長されるようだ。
私自身も四月三十日をもって大阪市内に出ることがなくなった。このところ、家に帰ったらラーメン鉢にお湯をためて除菌用のチャーミーで不織布マスクを洗っています。
地球規模で発生している今回の災厄は、一年先の未来すら予測ができなくなってしまった。来年、本当にオリンピックはあるのだろうか。五月になり天気が良くて暖かく、地上を走る電車の窓からは爽やかな風が吹き込んでくる。中は空いていて、六人がけの座席に私は一人で座っている。
列車の進行方向は市街地とは逆向きで、広々とした畑や住宅地の風景が見える。一年中でもっとも快適な季節であるはずが、世の中に蔓延しているのはコロナウイルスの恐怖である。合言葉は「ステイ.ホーム」家にいろということだ。
このところ仕事が早く済むようになったので、今日は商店街の定食屋に行った。学生の頃によく通った店で、転勤で長く大阪を離れた時期もあり、二十九年ぶりだった。カウンター席の隅に座っていつもの焼肉定食を注文した。皿に盛ったキャベツともやし炒めの上に豚の焼肉がてんこ盛り、茶碗ではなく皿で出される飯、スープにキムチ。変わらない。店主の親父さんも変わっていなかった。別に挨拶はしなかったが、帰り際、親父さんの「おおきに」の声が心なしか大きような気もした。

釣り2019年04月02日

天気予報によると午前7時の天候は晴れ、気温は2度。その後上昇し午後3時の時点で9度、同時に雨が降る。
日本各地で桜が開花し、季節は春ではあるが、山間部では体感温度が低いことが予想される。
セーター二枚重ねの上にジャージを着込んでその上からダウンジャケットを重ねた。昨年の十月以来、約半年ぶりの釣りである。5時半起きで6時の出発、スタンドでガソリン2000円給油して、カーステでSKE48のCD聴きながら高速道路に乗り込んだ。
湖に到着し、レンタルボートに船外機を装着し、道具を積み込んで、出発する頃には9時近くになっていた。
雲は少なく青空が広がっていて、本当に雨が降るのだろうか、という天候で、雨具の準備は必要なかっただろうかと思った。ただ、風が強く、湖面が波立っており、風の当たらない場所に移動しないとボートが流されるような状況だった。寒い。気温は正午近くなったところで8度ほどだった。そしてだんだんと雲が増えてきて日差しが遮られるようになり、体感温度がますます低くなっていった。雨が降る前にと思って、ワンドの奥に入ってクーラーボックスの中からセブンイレブンで買ってきたざる蕎麦を取り出した。包装のビニールを破って添付された水を麺にかけてほぐし、樹脂製の小鉢の中に汁を入れ青ネギを入れて海苔を浮かし、縁に特製ワサビを塗りつけた。割り箸をパチーンと割って、麺を出汁に浸して食べた。気温が暖かければもっと旨かっただろう。
天気予報は当たり、午後2時すぎには小雨模様になり、3時の時点で雨具が必要になりそうな状況になってしまった。風もあり寒かったので、今日はここまで。桟橋に戻って道具を片付け、休憩所のベンチに座って自動販売機で買ってきた熱いペットボトルのお茶を飲んだ。桜がほぼ満開だった。
アクセスカウンター

ジオターゲティング