男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(4Kデジタル修復版)2020年10月05日

寅さん二十九本目。第三十五作、昭和六十年の公開。
さくらと博の息子、満男(吉岡秀隆)が中学生になり第二期成長期に突入、飛躍的に身長が伸びる時期です。今後、一作毎にデカくなって行く彼を目の当たりにすることになるであろう。
おいちゃんおばちゃん、さくらを含めてとらやの人々の高齢化が気になり始める今日この頃であります。
相棒のポンシュウとともに長崎の五島列島を旅する寅さん、小さな港で休憩中。その時、目の前を危なげな足どりで歩いていた老婆が転んでしまうのです。二人は慌てて助け起こし、そのまま家まで送って行くのですが、老婆から感謝されご飯と地元の酒をふるまってもらうのでした。ところがその未明、老婆は急死してしまう。最後に立ち会った寅さんとポンシュウは教会で行われた葬儀では一番後ろから頭を下げ、丘の上の墓場で墓堀をして故人を弔うのでした。帰り際、東京から来たと言う孫娘の若菜(樋口可南子)から「祖母の話を聞かせてほしい」と声をかけられます。
柴又に帰った寅さんは若菜からの手紙を受け取ると早速彼女のアパートを訪ねます。ほとんど初対面といってもいい若い女相手に全く物怖じしないフットワークの軽さはさすがです。都内の何処か、坂道の上にあるアパートの二階に彼女は暮らしています。一階には司法試験の勉強をしている若い男の民夫(平田満)が住んでいるのですが、寅さんは「若菜ちゃんが帰ってくるまで待たせてもらうよ」とばかりにズカズカと部屋の中に上がり込んで行くのでした。
民夫さん、若菜に惚れています。寅さんはあることをきっかけに民夫と若菜の仲を取り持つことを決心し、民夫を呼び出すのです。
シリーズも回を重ね、出演者たちの高齢化も進行しつつあったこの当時、寅さん本人よりもゲスト出演の登場人物たちの恋愛劇が前に出ることが多くなってきました。この作品もその中の一本で、寅さんは映画の中盤で自分の恋心よりも若い二人を結びつけることを優先して考えるようになるのです。第三十作を超えたあたりで作風に変化を覚えずにはいられないのです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/10/02/9304103/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング