男はつらいよ お帰り 寅さん2020年01月17日

「男はつらいよ」は、私が映画館通いをしていた中高生の頃が全盛期だったでしょうか。毎年新作が盆正月の年二回、公開されており、松竹映画の定番でありました。でも、まだ十代半ばの年頃だった私には興味の対象外の作品でありまして、シリーズ通して一回も見たことがありません。ただ、予告編だけは何回も見ました。なんの思い入れもないのですが、今回、見る気になったのは自分自身が年をとったせいであります。桑田佳祐が主題歌を歌っても全く違和感がないところが時代の経過を実感させますな。近くの席のおじさんがずっと泣きながら鑑賞しておりまして、昔からのファンの人にはたまらないんでしょうね。
作中、長年欧州で暮らしている後藤久美子が、寅屋にお泊まりする際「畳に布団でなんて何年も寝てないだろう」という会話がありました。私の寝室は畳に布団ですよ。よく眠れます(笑)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/01/17/9203864/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング