男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(4Kデジタル修復版)2020年08月01日

寅さん十四本目。第十七作、昭和五十一年の公開。
夕焼け小焼けの赤とんぼ負われて見たのはいつの日か
黒っぽい屋根の町屋が並んだ龍野の風景が美しい。「赤とんぼ」を作詞した作家は龍野の出身で劇中、市長の部屋に大きく歌詞が掲げられている。タイトルはここからきているようです。
上野の飲み屋で出会った日本画の大家と龍野の橋の上で再会し、同行を決め込み、市長一行の接待を受ける寅さん。昼は市内観光、夜は宿の座敷で芸者と遊ぶ。龍野には別の目的があって接待が煩わしい画家と、それを身代わりとなって引き受ける寅さん、流れ者の寅さんとウマが合う芸者のぼたん。三者三様で播州の朝昼晩が過ぎてゆく。
柴又に戻った寅さんは事あるごとに「しかし龍野じゃなあ」と自慢話を繰り返し、周りの人をうんざりさせる。そんな時芸者のぼたんがとらやを訪ねてくる。彼女にはどうしても東京まで来なければならない理由があったのだ。
飲み屋で登場した折には小汚いジジイにしか見えない画家の宇野重吉さんが傑作で、転がり込んだとらやを旅館と勘違いしたのか、おばちゃんに「風呂」とか「梅干しにお茶」とか、次々に指図する場面は笑えた。仏頂面で返しながらも「寅の客人だから」と受け入れてしまうとらやの人たちの善人ぶりもいい。揉め事を抱えて上京してきたぼたんのことを本気で心配して味方につくタコ社長、あんたは頼りになる。
シリーズ中の傑作の一つだそうです。私もそう思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/08/01/9274642/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング