男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(4Kデジタル修復版)2020年09月06日

寅さん二十二本目。第二十七作、昭和五十六年の公開。
瀬戸内海の小島で売をしていた寅さん、海の見える高台で休んでいる時、背後にある墓場で墓参りをしている美人(ふみ)を見る。生来の女好きの本性で彼女に声をかけ、親しくなり、島の港で別れる。
その後、東大阪の石切神社で偶然に彼女に出会うのだった。彼女は大阪の芸者さんだったのだ。寅さん(山田洋次監督)は人の多い街をあまり好まない傾向があり、地元である東京をのぞいて日本の大都市を旅する姿はあまり見たことがない。ましてや嫌いだという大阪の新世界に寅さんが止まる理由はふみさんがいるからに他ならない。休日にデートで生駒山の宝山寺を訪れた際、ふみには幼い頃に別れた弟(ひでお)がいることを知る。子供の頃に別れて以来、弟に会ったことがないというふみさんに寅さんは今すぐ会いに行こうと、大阪まで戻り、タクシーに乗ってひでおが勤めているという運送会社まで訪ねていくのだった。応対した運送主任はふみと寅さんがひでおの身内だとわかると、事務所まで案内し、ひでおが死んだことを告げるのであった。
その夜、酔っ払って新世界の宿にまで来たふみさんは寅さんの膝で号泣しながら寝てしまう。そんな彼女に優しく布団をかぶせ、そっと部屋を後にする寅さんだった。
チラシの裏に書かれた「さようなら」の手紙を抱え、柴又に帰った寅さん。今回は相手がかなりの美人で入れ込んでいただけに失恋のダメージも相当である。晩飯で食卓の反対方向に向かって座る寅さん。ボーン、、、「四天王寺の鐘の音かぁ、、」夕飯を前にしてさくらが言う「食べないのね」、、「いらない」
その後、ふみさんが結婚の報告にとらやを訪ねるのだが、「こっちの気持ちにもなってくれ」とさくらに愚痴をこぼす寅さんなのだった。

この時期は私が映画館通いを始めた頃で、宗右衛門町にデ.パルマ監督の「殺しのドレス」のポスターが貼ってあったり、源公が風呂敷で「エレファントマン」のマネをしたり、懐かしい映像が出て来ます。通天閣周辺は今では綺麗に整備されてしまって風情もへったくれもない風景です。
マドンナは看板女優の松坂慶子です。別格ですな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/09/06/9293013/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング