男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(4Kデジタル修復版)2020年07月12日

寅さん八本目。冒頭、一戸建てに引っ越したさくら一家の新居を訪ねた車寅次郎さん。二階の一部屋が自分用の部屋だと聞いて、妹の優しさに感激する。人は本当に感激すると真面目な顔になる。のっけから山田洋次監督の人情劇にやられてしまった。それでも喧嘩がおっぱじまってしまうのが、このシリーズの面白いところで、また旅に出る寅さん、行き先は北海道でした。
死んだ友人の墓に線香をあげようと奥尻島を訪れた寅さんはその娘であるすみれと出会う。夜になり、宿で晩飯を食っているところに土産物を届けに来たすみれから東京で働きながら夜間高校に行きたいという相談を受け、彼女に対して親心のようなものが見栄えてしまう。
すみれを連れてとらやに帰った寅さんは、とらやの人たちと一緒に彼女の就職や受験の世話をするようになるのだった。定時制高校にも顔を出すようになった寅さんは先生や生徒たちとも親しく交流する。先生を演じているのが二代目おいちゃん役だった松村達雄で、国語の時間に朗読している溝口國雄の詩が素晴らしく、味のあるいい場面になっていた。
マドンナは元アイドルの伊藤蘭。これまで見て来た中で一番若いマドンナで、ダントツにキュートである。さすがに寅さんの恋愛対象にはなりにくいようで、終始父親のような接し方なのであった。すみれが働くスーパー(と劇中では呼ばれていた)はセブンイレブンだった。現代とは全然違った佇まいではあるものの、店の広さは変わりなく、あれが原型だったのかと、妙に納得したのでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/07/12/9267399/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング