男はつらいよ 寅次郎子守唄(4Kデジタル修復版)2020年07月26日

寅さん十二本目。先日の「寅次郎紅の花」で幕引きのはずだったのだが、あまりにも面白いので、もっと見たくなり、全五十作を上映している大阪ステーションシティシネマまでやってきた。時系列は巻き戻って第十四作である。
冒頭、登場する佐賀県呼子港にあるストリップ劇場がらみのエピソードにえも言われぬ味わいがある。逃げた女房(小屋のダンサー)に赤ん坊を押し付けられた男に同情したばかりに、まるで駅伝のタスキのごとく置き手紙とともに子供を置き去りにされてしまった寅さんであった。
寅さんは赤子を抱えたまま葛飾柴又のとらやに帰る。
マドンナは看護婦さんの十朱幸代ですが、今回は寅さんとの絡みは比較的少ないように思います。赤ん坊はとらやの人々に可愛がられて元気になりますが間も無く九州から迎えにやってきた父親とそのつれあいに引き取られ、帰っていきます。
寅さん同様に看護婦に惚れている貧乏な青年がいる。趣味で集まっている下町のコーラスグループがありまして、看護婦さんと青年はこれに属しており、赤ん坊が縁になって寅とさくらが誘われるわけであります。
後半、青年のアパートを寅さんが酒を持って訪問する。独居男の部屋はある意味己の趣味で固めた殿堂である(この場合は音楽)。ここで意気投合した二人は、、、。
ラストは再び佐賀県呼子港。赤ん坊を訪ねる寅さんの姿があった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://zuihituyarou.asablo.jp/blog/2020/07/26/9273629/tb

アクセスカウンター

ジオターゲティング